2015年6月30日 (火)

長石林道三境峠経由で足尾~前日光古峰ヶ原

太田~松田(足利市)~老越路峠~梅田湖~三境峠~沢入~足尾銅親水公園~粕尾峠~古峰ヶ原~にしかた~葛生~足利~太田

 R50沿いの吉牛で牛丼食って、葉鹿のコンビニで補給食仕入れて、足利市松田奥の長石林道へ入ります。相変わらず登り甲斐ある坂道ですが、いくらか慣れてきた感あり。佐野市飛駒の老越路(おいのこうじ)峠から桐生川ダムの梅田大橋渡って右折。

20150630_01s
桐生川ダム(梅田湖)。

 桐生川本流の渓谷沿いをえっちらほっちら進んで三境林道分岐へ。昨年11月の前回よりも早く55分程で着けた。さて三境林道、紅葉シーズンと違って路面が大小の落石&おサルのう○こだらけ。最高点のトンネル付近はおサルがたくさん行動中&落石音頻発(サルが投げてるのもあるかも)。腹ごしらえし、トンネルくぐり草木ダム湖畔へ。

20150630_03s
三境トンネル。

 R122に出ず、ダム湖左岸の道を旅モードで進み(足が消耗したとも言う)、わたらせ渓谷鉄道の沢入(そおり)駅に久々立ち寄ってみた。ログ風の小洒落たつくりになってたのね。 

20150630_06s
沢入駅で。一両編成のわ鉄車両が停車。

 R122に入り、アスファルトの陥没でドカン!で前輪パンクでチューブ交換。足尾に入り腹減ったので旧道の足尾市街地で商店を探す。今回の行程ではしばらくコンビニは無いのだ。開いてる商店をようやく見っけて補給。手に取ったカレーパンは消費期限切れ(こんなのとっても久々だよ。)やたらと高いおにぎりとアンパンを買って食す。せっかくだから松木渓谷の銅親水公園まで行ってみる。

20150630_08s
旧国鉄足尾線の貨物線廃線軌道。道路で途切れるが残ってた。

20150630_10s
銅親水公園。

 R122足尾バイパスに戻り、今回のハイライト(と思っていた)粕尾峠へのヒルクライムへ。序盤は広い道だが道が細くなりつづら折れになる。渓谷沿いの道である。沢は禁漁の立て札が立ってる。松木沢もそうだったが原発事故の影響なのだろう。想定よりも早く50分程度で粕尾峠に到着でき自分なり満足、「やったぜ。がんばったなオレ~!」などと思ったのだが、甘かったのであ~る。

20150630_11s
粕尾峠。

 水分補給し峠の分岐から古峰ヶ原方面へ入ると今回一番の激坂がやってきたのだ。しかもつづら折れなし...。峠までで使い切った足でへろへろ進む。前日光牧場分岐過ぎてようやく下り坂。と思ったらまた登り...。何台か停車してる駐車場を過ぎると本格ダウンヒルに突入...。...?古峰ヶ原(こぶがはら)ってどこ?そういえば前日光牧場過ぎた辺りから道路脇の木々の間から牧草地や草原らしきが見え隠れしてたっけ。ピンポイントではなくその辺一帯のことなのね。あえてポイントとしてあげるならダウンヒル突入直前の駐車場かぁ~。と悟ったのでした。

20150630_13s
古峯神社の鳥居。

 というわけで古峰ヶ原の写真は一枚もありませぬ。なんだかなぁ~なので古峯神社(ふるみねじんじゃ)に立ち寄って参拝していく。鹿沼駅輪行で粕尾峠から周回してきたという男性が下りてきたの言葉を交わす。彼も古峰ヶ原がよくわからんかったそうだ。だって案内板とかないんだもん~。この神社けっこう人気あるようで観光客多いです。

 

20150630_14s
古峯神社の拝殿?(もよくわからんかった)。

 古峰街道と呼ばれる県道をダウンヒル。4km程度下ったあたりでアスファルトの陥没(引っ掻きえぐったような)でとってもいや~なドッカン衝撃。なんと両輪パンク。スペアチューブ3本用意しといてよかったぜ~。しっかしぐんとちの道路はよくないのう。アユ釣り師で竿林状態の大芦川沿いを進みR293めざす(長いっ!)。道の駅「にしかた」でのんびりして葛生田沼足利経由で帰りました。

20150630_16s
道の駅「にしかた」。とちおとめジェラート美味し。

 なかなか登り甲斐あるコース取りでした。R122のみのアプローチより、長石林道と三境林道入れることで変化とクライムのやり甲斐ありました。古峰ヶ原はなんだかなぁ~でしたが...。鹿沼起点の前日光周遊コースは結構人気のようでチャリダー多かったです。

ルートラボデータ(三境林道上部サポートしてないので正確ではない)

走行距離:182km

獲得標高:2620m

2015年5月17日 (日)

奥日光~金精峠~片品~根利

太田~草木ダム~足尾~中禅寺湖~湯の湖~金精峠~片品~根利~太田

 足尾経由、日光R120まではもう3回目。すっかり慣れたもんです。起点の馬返しで、いろは坂に備え休憩&腹ごしらえ。第二いろは坂はつつじが見頃できれいでした。本格チャリダー2人に軽く抜かされるが、なんちゃってチャリダーはそんなことはまるで気にしません。

20150517_01s
満水の草木ダム(放水中で下流は川霧)。

20150517_05s
馬返から男体山。

20150517_06s
第二いろは坂。

 新緑で美しい中禅寺湖畔を横目に気分よく通過。竜頭の滝先のちょっとしたクライムが意外に辛かったりします。戦場ヶ原を抜けて湯の湖畔の湯本のレストハウスで本日のハイライト、金精峠越えに備え大休止。

20150517_11s
中禅寺湖。

20150517_12s
新緑がきもちよい。

20150517_13s
戦場ヶ原から白根山。

20150517_16s
男体山。

20150517_17s
湯滝の落ち口。

20150517_18s
湯の湖越しに目指す金精道路方面(右側鞍部)。

20150517_20s
湯本近辺は陸っぱり&ボートなど釣師わんさか。

 さて、金精道路。第二いろは坂より急勾配です。つづら折りに入る前の前半戦の方がきつい気がしました。後半は展望が開けて、高いとこ来たな~って感じて気分よい。白根山も今年は残雪かなり少ないですな。

 右側に急カーブするスノーシェッドをよちよち登ってるとき、対向車線からバイクが無理な追い抜きでこちらの車線へスリップしてきて目の前5mで側壁に衝突。びびりました。ライダーは衝突前に落車しダメージないよう。まったく「あぶねぇじゃないか、気をつけろバカヤロー。」という感想しかありません。1843mのトンネル入口に到着。トンネル内は登り基調です。

20150517_22s
つづら折りから湯の湖&男体山を振り返る。

20150517_23s
金精山って稜線からみると丸い感じだったけど、結構崩落してるのね。

20150517_24s
金精トンネル。

 トンネル抜けてからは待望のダウンヒル。でも丸沼辺りまで登り返しがあるのが意外。白根温泉周辺は釣り師たくさん。片品抜けイベント中の尾瀬市場で大休止。腹ごしらえしたかったが混雑で行者にんにく入り「尾瀬餃子」とやらだけ食って先へ。満水の薗原ダム脇抜け根利へクライム。消耗した足で辛く感じた。おなじみ根利のおばちゃんの山菜直売所でお茶やらごちそうになってのんびり。今年の山菜は不作みたい。行者にんにくお土産にし、最後のクライムこなしR122へ。

20150517_27s
菅沼。

20150517_28s
丸沼。

20150517_29s
行者にんにく入り餃子。お味は”餃子”でした...。

 神梅辺りを走ってるとき、狭い路肩に路駐してるバカヤロー(すぐ目の前に待避所あり。車中ではあきらかにだべってた。)が...。避けようと後方確認したのち、直前追い抜いて行った車が急停車...なんとかよけたが転倒落車。さいわい両膝と左手小指を打って擦過傷程度ですんだ。あとは安全運転で帰ります。ハンドル少々曲がりブレーキがおかしくなってたので薮塚でショップみっけて調整してもらう。地元の自転車事情などの情報を聞かせてもらい、お菓子までもらっちゃいました。いいショップでした...。

 しかし、この日のコースは草木ダム周辺からず~っとバイクがものすごく多かったなあ...。初の獲得標高3,000m越えはなかなか走り応えありでした。天気も良く、なかなかきもちよく楽しいコースでした。

ルートラボデータ

走行距離:200km

獲得標高:3352m

2015年5月 6日 (水)

リベンジ十石峠

一昨年の秋に訪れた十石峠のリベンジです。前回は工事で佐久側に抜けられなかったのでやりなおしです。

 旧R354で伊勢崎からR462へ。利根川渡って本庄、児玉経由で鬼石へ。最後のコンビニで補給し神流川沿いを辿ります。

20150506_01s
下久保ダム。

20150506_02s

神流湖(下久保ダム)の湖水。

20150506_03s

神流町旧中里には恐竜がいます。

20150506_04s
川の駅上野の藤の花。

20150506_05s

神流川、新緑の渓谷。

 下久保ダムは満水なのか、神流町境あたりまでBWがありました。新緑の渓谷沿いを気持ちよくすすみ、道の駅「万葉の里」での軽い休憩挟み、R299と合流し上野村。川の駅「上野」で峠道に備え休憩。十石峠へのヒルクライムに突入。前回よりも道がきれいになってます。でもやっぱ長い。開けてからが特に長いぞ~。前回下りに使った矢弓沢林道分岐過ぎてからのダメ押しクライムはちょっと参ります。峠の展望台が見えて安堵。

20150506_06s
開けてからが長いぞ~。

20150506_08s
十石峠の展望台。今回は上がってみた。

20150506_09s
展望台から赤城山方面。

 前回は寒い霧雨でのんびりできなかったが、今回はきもちよい天気。ゆっくり休憩してから佐久穂へダウンヒル。途中集落内で道が狭くなる箇所があるが、広くなってからは快適にR141までとばす。佐久市内で道に迷いそうになるが、無事にR18に合流。今回は慌てる必要ないので旧軽井沢に寄ってみる。腹が減って何か食べたかったが、さすがに女子供向けのお店 ばかりなので横川まで我慢。新緑で快適なR18旧道を下って横川の「おぎのや」に久々寄ってメシ食って帰りました。

20150506_13s
ダウンヒル途中に咲いてた山吹。

20150506_14s
八ヶ岳。真ん中やや左は硫黄岳の爆裂火口かな?。

20150506_15s
北八ヶ岳と蓼科山(右)。

20150506_16s
千曲川。

20150506_17s
浅間山。

20150506_18s
旧軽井沢でソフト。

 今回は珍しくトラブルなしですみました。新緑の中で快適に走れました。

ルートラボデータ

走行距離:245km

獲得標高:2365m

2015年5月 2日 (土)

霞ヶ浦~鹿島神宮~大洗~水戸

 太平洋へ。初の300km越えです。ヒルクライムないからラクショーなどと思っていたらトラブル連発でひどいめにあいました。

 館林は国道の県道格下げやら新しい道路ができてて変わってた。信号引っ掛かりまくりを抜けて”関東のウクライナ(大穀倉地帯)”板倉に入ってようやくペースアップ...と思ったら一回目のぷしゅ~。渡良瀬遊水池経由 で古河に。八千代に入った辺りで2回目ぷしゅ~。さっき替えた新品チューブだぞ。20km程度しか走ってないぞ~。早くも手持ちスペアチューブ全滅~。しっかし古河~八千代~下妻は信号引っ掛かりすぎでうんざり。この先のR125~R354も霞ヶ浦まで長くてうんざり。

20150502_04s

強風で波立つ霞ヶ浦。

 やっとこ霞ヶ浦大橋。周辺はチャリダーたくさん。湖を周回する人が多いのかな。橋を渡るとき風で湖側にあおられ怖い。まだ水泳はしたくありませんえん。R355に入り潮来を目指す。この道、地図だと湖畔を走るように見えるが結構離れてる。たまに遠方に湖水が見える程度。向かい風きついは景色変わらず退屈だし、潮来まで長いよ~。気分は「かんべんしてください。」そういえば霞ヶ浦って琵琶湖に次いで2番目の大きさの湖でした。まさに大きさを痛感しました。潮来の伊太郎さんには出会えず残念。R51沿いのホームセンターで予備チューブ調達&マックで腹ごしらえし、やっとこ鹿島神宮。

20150502_05s
大鳥居。

20150502_06s
隋神門。

20150502_07s

ここで卜伝が叫んだのね『倍○えしだ~!!』。

20150502_08s

杉並木。荘厳でした。

20150502_09s

奥宮。

20150502_11s

『君が代』に歌われてる”さざれ石”。

 神宮を参拝。連休で人は多いけど厳かでいい感じ。のんびりしたいけど先が気になります。R51を北上。できるだけとばします。が鉾田あたりで3回目のぷしゅ~。かんべんしてけろ。大洗でようやく太平洋とご対面。本当は那珂湊海浜公園行きたかったけど残念。行ったことあるし、まあ今回はしょうがない。水戸市街は路駐多く、ひと昔前のK市みたいでした。R50をひたすらとばす。笠間あたりで、とどめのぷしゅ~。気分はもういい加減にしろ状態。手持ちチューブないのでガソリンスタンドでお世話になって補修。

20150502_12s

鹿島スタジアム。

20150502_14s
大洗海岸。

20150502_16s
大洗おさかな市場にはサカナを狙って?もうじゅうがいました。

 小山過ぎから県道36~67を経由。想定外のハンガーノックがあったりして帰宅は深夜になりました。

 まさにドM嗜好なコースでした。こっち方面はしばらく走りたくないです。さすがにお尻と腰が痛くなりました。霞ヶ浦は道の駅を起点に周回とかがよさそうです。鹿島神宮はまたじっくり参詣に行ってみたい(もち観光で)。那珂湊おさかな市場は梅の季節に偕楽園合わせてとでも思うけどしばらくはいいです。大ぷしゅ~祭の原因は...まあおよその見当はついてます。リム打ち(始めたばかりのころ痛い目にあって学習済み)ではないとは思う。

ルートラボデータ

距離:304kmくらい

獲得標高:572m

2014年12月 6日 (土)

ガトランティスがやってきた...。

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

20141206_01s

 ちょい乗り兼ねて往復45kmほど、伊勢崎(ほとんど前橋)まで公開初日に行って参りました。予想以上に上州名物からっ風がきつくて距離倍増って感じでした。

 はたして、イスカンダルに条約で使っちゃ「だめよ~だめだめ。」されてしまった波動砲は...?

 ず大帝は出てくんの~?

 白色彗星は~?

 「わたしはテレザート星のてれ...」は?

はい。ネタばれはいたしません。

今作のキーワードは『ふぉむと・ばーがー』 ※外資系ハンバーガーチェーンではありません。

それとイカみたいなのが出てきます。

しかし、観客の平均年齢高かったぜ~。

2014年11月16日 (日)

松田~長石林道~梅田湖~三境林道~草木ダム

 朝の寒さに負けて昼前出動です。まずは気になっていた焼きそば「山口屋」へ。あまり入りたくないような店構えですが、B-1グランプリで2位になったこともあるそう。「太田焼きそば」の特徴(太麺&まっくろソース)ではないけど「太田焼きそばのれん会」会員で上位人気らしい(ややこしいのう。)。営業時間11:00~14:00の3時間(売り切れると終了)で訪店タイミング取りづらいです。焼きそば¥350-けっこう量あり。少し酸味のあるソースでおいしいです。¥200-で唐揚げ3個追加。

20141116_02s

なんとも特徴的な店構え。

20141116_01s

ノーマル焼きそば+唐揚げ3個。しめて¥550-也。

 足利市の松田を抜けて、ダム手前から長石林道へ。この林道3回目(松田から1回、逆の旧田沼町飛駒側から1回)です。序盤はけっこう急です。初回(カメラ忘れ)は足ができてないタイミングで挑んだため長く感じたが、今回は足つきなし、起点分岐から4km最高点の佐野市境まで25分くらいで上がれたけど汗をかかされます。起点手前2kmくらいから合わせて約6kmの登り応えありのクライムです。で老越路峠(おいのこうじとうげ)から桐生川ダム(梅田湖)へ。

20141116_03s

長石林道の様子。

20141116_05s

林道上部は開けた雰囲気。

20141116_09s

梅田湖。へら釣り舟?。連なるのは何か意味あるのかしらん...。

 梅田大橋渡って右折。広くて快適な県道337が走るにつれどんどん狭くなっていきます。渋い旅館過ぎるとすでに林道って感じ。でもシーズンだから紅葉狩りの車が多く通る。三境林道起点分岐まで大橋から約9km。長いなあ、けっこう登るなぁ。でも渓谷沿いで紅葉きれいです。いい雰囲気のお宮があったりでとても桐生市内とは思えない。やっとこ分岐へ。何故か紅葉狩り客の車がいっぱい。

20141116_11s

すでに林道と化した県道。

20141116_12s

落ち着いた雰囲気の木立。近くに小さなお宮ありました。

20141116_13s

桐生川源流域の渓谷。

 さて三境林道。噂よりも路面悪くありません。紅葉シーズンなのできれいにしたのかな?でもそれなりの大きさの岩が転がってたりするので、やっぱ通行要注意なんでしょう。最高点のトンネルまで30分ほど。それなり登り応えありです。でも分岐までの方がきつかった。

20141116_16s

勢多郡東村(現みどり市)まで4,374mですか、ずいぶん細かい...。

20141116_17s

いい感じの紅葉。

20141116_18s

三境林道中盤。

20141116_19s

最高点のトンネル。

 トンネル抜けると草木ダム湖畔まで下るだけかと思ってたが、意外にアップダウンあります。道の駅「富弘美術館」でゆっくりしてから帰りました。

20141116_24s

草木ダム。

 長石林道、三境林道とも中距離の好ルートって感じでいいですね。特に長石林道は近いので、名草巨石群を繋いで周回するなどトレーニングコースとして冬など重宝しそうです。

ルートラボデータ(三境林道上部をサポートしてないので正確ではありません)

距離:100kmくらい

獲得標高:1440m

実動:5時間強

2014年11月13日 (木)

大血川林道から三峰神社&小鹿野

 プランは大血林道から三峰神社に上がって参拝。R299の志賀坂峠経由で神流町に出ようなんて考えてました。

 

20141113_04s

秩父神社拝殿。

20141113_05s

日本一痛々しい二百名山の武甲山。

 上武大橋(大橋という割に狭い橋ですな)渡って深谷へ。「山田うどん」みっけて朝飯。でもここの朝食メニューって利用2回目だけど腹の足しにならん。県道62で寄居出てR140へ。長瀞経由の旧道も交通量多いです。最初のパワースポット秩父神社で参拝してからセーブオンの@¥248-(税込)弁当で第二次朝めし食らって想定外のタイムロス。

20141113_06s

大血川林道の紅葉。

20141113_07s

林道途中にある太陽寺の入口。

20141113_08s

トンネル一発目。登り終わりかと思ったらまだあります。

20141113_09s

で最高点の三峰トンネル。

20141113_10s

トンネル抜けたら和名倉山。

 さてR140離れ大血川林道へ入ります。紅葉はとてもきれいでした。で林道のクライムはえらかったっす。蛇行が多くて長いですわ~。トンネルまでは登りっぱ。ふたつ目の三峰トンネル抜けると大洞川流域の山々がど~んとお出迎え。少し下ると三峰神社の駐車場です。2時間近く掛けてしまいました。自転車停めて参拝に向かいます。

20141113_14s

隋神門。

20141113_16s

三峰神社拝殿。

20141113_18s

やまとたけしさまるのみこと。○インボーマンには変身しません。

 

 三峰神社は実は2回目だけど、前回は雲取山からの縦走下山後の乾杯とロープウェイ(現在は廃止)の時間の都合で参拝してません。この段階で志賀坂峠越えは断念です。すぐに下りれば行けるけど今回は参拝しておこうと。で志賀坂行ったら神流川沿いに出た段階で日没必至、途中の下久保ダムは強烈な心霊スポットらしいし...。ってことでのんびりしちゃいました。噂の名物「いも田楽」が売り切れで食えなかったのが至極残念無念。

20141113_19s

三峰観光道路の紅葉。

20141113_21s

二瀬ダム。

20141113_22s

道の駅 龍勢会館に寄ってみた。

 二瀬ダムに向かってダウンヒル。ダムゲート下にあった交互通行(上高地の旧釜トンネル並の長い信号つき)の狭いトンネルが無くなってました。二瀬集落先でR140旧道がバイパス合流点まで通行止めで中津川のループ橋付近まで迂回のえらい遠回りになってます。崩落かなんかあったらしい。往路と同じルートだと芸がないので、小鹿野経由で皆野に出ました。

20141113_24s

埼玉県に行ったので、さいたま名菓。「風が語りかけます...。うまいうますぎる。(wmp)」テレ玉(埼玉テレビ)視聴可能エリア限定。買ったのは太田市内店舗だけど...。

 大血川林道、なかなかえらかったっす。志賀坂峠は別の経路でそのうちプラン組んでみましょうかねぇ。

ルートラボデータ

距離:190km

獲得標高:1810m

実動:9時間半くらい

2014年10月26日 (日)

信州小諸五万石

 この言葉、弱小大名の代名詞になっていますな。MG出身者として懐古園は一度は訪れなければと思っていたのでチャリで決行です。

 

 高崎駅付近まで2時間弱で到着。順当。そろそろ朝飯と思ったが牛丼関連みつからん。R18入って安中駅付近で痛恨の迷走で時間ロス。磯部温泉方面への県道に入ってしまう。ハンガーノックがやってきてつらい。コンビニさえも見つからん。余計なクライム入れてR18に復帰。「すきや」見っけたけど開店10:00からだど。ワンオペ問題は田舎だと余計深刻です。ようやくコンビニで朝食。横川までは順当にいけ、R18旧道へ。眼鏡橋経由で碓氷峠めざす。昨年この道は下りで利用しており、傾斜緩いと感じていたが、登りは想定以上に苦にならず。後ギア2~3枚落とすだけで登り切れた。だらだらが長く、横川駅から1時間半弱。2W前に登った赤城南面と比べてもかなり楽勝。道路沿いはいい感じの紅葉でした。

20141026_01s

横川駅は鉄ちゃんの聖地?

20141026_04s

めがねばし。

20141026_06s

旧道の紅葉。

 軽井沢市街はマラソン大会やってて少々規制あったが問題なし。小諸までの後半戦はほぼ下り坂でぶっとばす。碓氷峠から懐古園まで1:20程度掛ったが、タイヤのパンクでチューブ交換&腹ごしらえしたから。なければ1時間掛らないだろう。

20141026_08s

浅間山。

 で懐古園散策です。『島崎藤村記念館』ももちろん入りました。MG校歌の自筆が展示してあって撮影したい衝動にかられましたが、館内は撮影禁止です。

20141026_10s

有名な三の門。

20141026_12s

紅葉はもうすぐ見頃って感じだけど場所によってはきれいでした。

20141026_14s

大先輩の銅像。

20141026_17s

ああ千曲川旅情。

20141026_18s

何故かこの方もいらっしゃいました。

20141026_21s

菊の品評会してました。

20141026_25s

武将な方々と一緒に。撮影時「せんごく~!!」と叫ばされます。仙石秀久が現在に至る小諸城の改築をしたが、秀吉の九州征伐の折の大逃亡はいけませんな~。長曾我部氏の滅亡の大きな原因はこの人なんで土佐の歴史マニアからは嫌われてるのでは?

20141026_26s

小諸城も萌えてました...。

 のんびり1時間半ほど散策し帰途に。やっぱ小諸そば(都内千代田区中央区台東区に多い立ち食い蕎麦チェーンじゃないよ。)ヒルメシ食いたかったけど観光客多く混雑で断念。パンかじってから帰途に。往路の下りはもちろん登り。中軽井沢から碓井バイパス方面で県境の和美峠(わみとうげ)へ。この道はほぼ平坦。で下仁田へ抜け「道の駅しもにた」でのんびり飯くって帰る。こっち方面に来るとトラブルに見舞われるというジンクスは健在で、買って一ヶ月ほどのライトが藤岡でぶっ壊れ、代替え品探してハシゴする羽目になるが百均でみっけて何とかしました。

ルートラボデータ

走行距離:223kmほど。

獲得標高:1696m。

 一度訪れたいと思っていた懐古園を訪れることができてよかったです。『藤村記念館』でMG校歌の記念碑がチャペル脇にあると書いてあって唖然としました。「そうだったのか~」ま、迂闊な学生生活でした...。

2014年5月 4日 (日)

谷川芝倉沢7回目

天神平~熊穴沢避難小屋~オキノ耳~トマノ耳~一ノ倉岳~芝倉沢~虹芝寮~土合橋

W:山の神の目をぬすむひと
 
 
 ひさびさ5年ぶりの芝倉沢です。この時期は3回目だけど過去では旧道出合までで雪切れなんてこともありましたが、今年は残雪情報から湯桧曽川沿いまでいけるでしょと。
 
20140504_03s
田尻尾根上から谷川岳。
 
 
20140504_04s
尻出岩は面倒なクライムダウン。
 
20140504_06s
やっとまともにシール登高。
 
20140504_07s
肩の小屋(営業中)。
 
 田尻尾根を上がるのはシールでいけたが、トラバースはブッシュでハエ取り紙状態が結構あり。尻出岩はややこしい状態なのでスキー板はしっかり担ぐ。このあと天狗の岩場過ぎまでほぼ夏道。スキー兼用靴での夏道歩きはつらいです。西黒源頭斜面でようやくシール登行。
 
20140504_10s
尾瀬の至仏山&燧ケ岳(左端)方面。
 
20140504_11s
巻機山方面。
 
20140504_12s
一ノ倉沢を見下ろす。

 

20140504_13s
衝立岩中央稜や烏帽子沢奥壁はもうフラットソールでいけそうね。
 
20140504_17s
万太郎山、仙の倉方面。
 
20140504_18s
一ノ倉岳登りからオキノ耳を振り返る。
 
 
 
20140504_19s
おなじみドロップポイントの一ノ倉、茂倉岳コル。
 
 がオキノ耳から先の国境稜線の方が問題でした。一ノ倉岳山頂までほぼ夏道通し。兼用靴での夏山縦走はつらいもんだと改めて感じました。担いだ板が岩にぶつかったり、ブッシュに引っ掛かるのもつらかった。
 
 
20140504_22s
ドロップ。笹が結構出てるけど相変わらず素晴らしい源頭バーン。
 
20140504_23s
一番右の人はテレマークでハイクアップ中の一休さん。
 
20140504_29s
ノドから源頭バーンを振り返る。
 
 
20140504_31s
素晴らしいロケーションのノド下バーン。
 
20140504_32s
下部はデブリランドだけど柔らかく問題なし。
 
20140504_34s
旧道出合から振り返る。
 
 さすがにこの時期なので笹や古いデブリが少々出てるけど、素晴らしい源頭バーンです。ドロップ直後、ボーダーと一種にスキーでハイクアップ中の男性から声を掛けられる。なんと一休さんでした。なんと旧道出合からハイクアップしてきたとのこと。今年からテレマークに挑戦してるそうだ。
 
 再会を約して滑降。やや重ながら楽しい滑降でした。ノド下は相変わらず素晴らしいロケーション。下部も緩み過ぎず、デブリも幸い古いもので通過には問題なし。
 
20140504_35s
旧道。
 
20140504_37s
虹芝寮。
 
 旧道下は虹芝寮手前で一回目の雪切れ。まもなく途切れがちになったので板は担いで新道を歩いて土合橋まで。新緑や山桜がきれいでした。幽の沢、一ノ倉沢、マチガ沢は飛び石渡渉になりました。
 やっぱり谷川連峰No.1のスケールを誇る芝倉沢は素晴らしかったです。でも次はやっぱりハイシーズンがいいな。

2014年1月25日 (土)

しれ~とこ~の~♪

ぐんまにあっても「しれとこ食堂」、邑楽町だぞ「しれとこ食堂」

20140125_01s

ランチメニューの五色丼@¥700- 刺身はうまい!

 日本のブラジル大泉町を抜けて邑楽町篠塚の「しれとこ食堂」へ。途中、大泉警察前はTVカメラと報道陣が大勢。例の冷凍食品農薬混入事件のため?でもなんで容疑者が太田警察に?

 「しれとこ食堂」、あなどりがたし。定食メニュー豊富でどれもがっつり系で大盛りらしい。値段もおてごろ。海鮮丼つきのセットメニューもいろいろみたい。土曜だったのでランチメニューは平日よりも少ないらしく、噂の@¥680-海鮮丼はなかったので五色丼¥700-をオーダー。刺身はとてもおいしく値段が信じられないボリューム。惜しいかなメシがベチャな酢飯。普通のコメ飯の方がいいと思うのだが。刺身系の肴メニューがお手頃価格で充実してるので酒飲みもありか。

 足利の市街を抜けて、須花峠を経由、旧田沼町の飛駒地区から梅田越え。昨年秋は桐生側からだったが今回は逆から。核心の老越路峠(おいのこうじとうげ)付近は距離は長くないが15%平均あるかも。佐野側からアプローチの方が段違いにきついねこりゃ。

 

20140125_02s

意外ときつい飛駒側からの老越路峠越え、水場でひといき。

20140125_03s

渓谷沿いの風景。

 びゅ~んと下って桐生天満宮を参拝。で桐生川渡る道通って小俣から猪子峠、藤坂峠(足利市)越え、足利市内のパワースポット巡り。

20140125_05s

桐生天満宮を参拝。

 織姫神社はいつ以来だろう?たぶん訪れたことあるのだろうが、おそらく物心つくまえのはなし。数十年ぶりだね。ご利益は縁結び...。

20140125_08s

織姫神社の長い石段入口。

20140125_10s

拝殿。

20140125_11s

渡良瀬川方向の眺め。

20140125_12s

やくもめぐり?①渡良瀬橋からは一番近い。

 織姫神社向かいの八雲神社(足利市通)も寄ってみたが拝殿閉まってました。で前回拝殿閉まってた緑町の森高公認?「八雲神社」りべんじ参拝。渡良瀬橋の記念碑でボタンぽちっとして流れる「渡良瀬橋」メロディー聴いて橋を渡って帰りました。

20140125_14s

やくもめぐり②森高公認?

20140125_16s

記念碑と渡良瀬橋。ボタンをぽちっとするとフルコーラス流れます。

ルートラボデータ

走行距離:100kmちょっと

獲得標高:780m

«ちいさなしあわせ