« しれ~とこ~の~♪ | トップページ | 信州小諸五万石 »

2014年5月 4日 (日)

谷川芝倉沢7回目

天神平~熊穴沢避難小屋~オキノ耳~トマノ耳~一ノ倉岳~芝倉沢~虹芝寮~土合橋

W:山の神の目をぬすむひと
 
 
 ひさびさ5年ぶりの芝倉沢です。この時期は3回目だけど過去では旧道出合までで雪切れなんてこともありましたが、今年は残雪情報から湯桧曽川沿いまでいけるでしょと。
 
20140504_03s
田尻尾根上から谷川岳。
 
 
20140504_04s
尻出岩は面倒なクライムダウン。
 
20140504_06s
やっとまともにシール登高。
 
20140504_07s
肩の小屋(営業中)。
 
 田尻尾根を上がるのはシールでいけたが、トラバースはブッシュでハエ取り紙状態が結構あり。尻出岩はややこしい状態なのでスキー板はしっかり担ぐ。このあと天狗の岩場過ぎまでほぼ夏道。スキー兼用靴での夏道歩きはつらいです。西黒源頭斜面でようやくシール登行。
 
20140504_10s
尾瀬の至仏山&燧ケ岳(左端)方面。
 
20140504_11s
巻機山方面。
 
20140504_12s
一ノ倉沢を見下ろす。

 

20140504_13s
衝立岩中央稜や烏帽子沢奥壁はもうフラットソールでいけそうね。
 
20140504_17s
万太郎山、仙の倉方面。
 
20140504_18s
一ノ倉岳登りからオキノ耳を振り返る。
 
 
 
20140504_19s
おなじみドロップポイントの一ノ倉、茂倉岳コル。
 
 がオキノ耳から先の国境稜線の方が問題でした。一ノ倉岳山頂までほぼ夏道通し。兼用靴での夏山縦走はつらいもんだと改めて感じました。担いだ板が岩にぶつかったり、ブッシュに引っ掛かるのもつらかった。
 
 
20140504_22s
ドロップ。笹が結構出てるけど相変わらず素晴らしい源頭バーン。
 
20140504_23s
一番右の人はテレマークでハイクアップ中の一休さん。
 
20140504_29s
ノドから源頭バーンを振り返る。
 
 
20140504_31s
素晴らしいロケーションのノド下バーン。
 
20140504_32s
下部はデブリランドだけど柔らかく問題なし。
 
20140504_34s
旧道出合から振り返る。
 
 さすがにこの時期なので笹や古いデブリが少々出てるけど、素晴らしい源頭バーンです。ドロップ直後、ボーダーと一種にスキーでハイクアップ中の男性から声を掛けられる。なんと一休さんでした。なんと旧道出合からハイクアップしてきたとのこと。今年からテレマークに挑戦してるそうだ。
 
 再会を約して滑降。やや重ながら楽しい滑降でした。ノド下は相変わらず素晴らしいロケーション。下部も緩み過ぎず、デブリも幸い古いもので通過には問題なし。
 
20140504_35s
旧道。
 
20140504_37s
虹芝寮。
 
 旧道下は虹芝寮手前で一回目の雪切れ。まもなく途切れがちになったので板は担いで新道を歩いて土合橋まで。新緑や山桜がきれいでした。幽の沢、一ノ倉沢、マチガ沢は飛び石渡渉になりました。
 やっぱり谷川連峰No.1のスケールを誇る芝倉沢は素晴らしかったです。でも次はやっぱりハイシーズンがいいな。

« しれ~とこ~の~♪ | トップページ | 信州小諸五万石 »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

おっ、元気だった?

>常吉さん
ま、いきてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しれ~とこ~の~♪ | トップページ | 信州小諸五万石 »