無雪期縦走、ハイク

2011年12月10日 (土)

♪ああ越中~♪

♪雪がしんしんふる朝は つるぎ・立山・黒部は寒く

雪ちゃんの便りはこうじみそ 心ほのぼのおみそ汁

こいしいな母さんの味 ああ越中・日本海みそ♪ (音量ちゅうい)

 この週末はTの小屋ご主人Sさん亭での忘年会に富山県立山町まで出張ってきました。例年白馬あたりで初滑りすませてから向ってたのですが、積雪量壊滅的なので、かっきーお奨めの雪の称名滝見物となりました。当然道路は冬季通行止めのため歩きです。予想外に冬の晴れ間が見え、なんだか陽だまりハイクのようでしたが日陰はやはり寒かったです。

20111210_01

これよりさき、変○以外通行禁止。

20111210_04

発電所までは除雪してあるので、半端に凍って怖いです。

20111210_05

ってことだそうです。

20111210_06

あくしろのかべ。

20111210_10

高低差よっ日本一!!

20111210_13

観光地につきものの記念落書きもインターナショナルです。

 グランサンピア立山で温泉に浸かり、立山博物館で有名な錫杖などを見学し、芦峅寺雄山神社中宮に参拝してから酒&肴を買い込んでS氏亭へ。富山湾の海の幸などでおいしいお酒&おつまみをいただきました。

P2011_1210_153235

芦峅寺の雄山神社中宮に参拝しました。

P2011_1210_175856

日本海の幸。うまい!!

 翌朝はグリーンパーク吉峰で朝風呂後、お昼はかにしゃぶいただき帰路につきました。

P2011_1211_103956

グリーンパーク吉峰で朝風呂。風呂上がりはこれです。

 遠かったけど富山県はいい場所です。みなさまおつかれさまでした。よいお年をお迎えくださいませ。

2011年11月26日 (土)

日光 男体山

志津小屋~男体山(往復)

メンバー:へ、かず、たけ、とん、はし、としえ、きむ

 シロクマ組系へべれけ一家の本年度忘年会に参加してきました。

近場の百名山げっちゅーです。核心はうっすら雪ののった林道アプローチでした。樹林帯の方が寒かった。頂上は風も弱く素晴らしい展望を楽しめました。

20111126_12

女峰山方面。こっちの方が登って楽しい山だと思う。

20111126_27

雪をかぶった日光白根。

20111126_28

尾瀬の燧ケ岳方面。

20111126_29

中禅寺湖を見下ろします。

20111126_30

富士山も見えました。

Dsc_0142

山頂写真。

 下山後は伊勢崎のDreamBox石井でとしえにフラットソールを半強制でお買い上げいただき、O田の秘湯”湖露奈の湯”で温まって格安居酒屋で乾杯。その後カラオケへ。とよひこ隊長へうるとらせぶん攻撃かけました。ここが一番カロリー消費大きかったかもしれません。

Dsc_0228

これでいいのだ!

2010年11月 7日 (日)

ひさびさのひゃくめいざんげっと

黒保根の利平茶屋森林公園からの赤城山

コース:利平茶屋~鳥居峠~覚満渕~駒ヶ岳~黒檜山~赤城神社~地蔵岳~八丁峠~長七郎山~小地蔵岳~八丁峠~利平茶屋

単独

 この週末は簡単な沢で今季の沢納めでもと思ったが寒そうだし、ちょい風邪っぽかったのでやめました。身体は動かしておきたいと思い、うちから一番近いひゃくめいざんをゲットして来ることにしました。赤城山、当然初めての入山ではありませぬ。小中学校の林間学校や高校時代の集中登山やらで入ってますが、何故だか最高峰の黒檜山は縁がなく、いつでも行けると思ってました。「とうだいもとくらし」ってやつですな。ポピュラーな南面道路から大沼湖畔まで車で入れるけど前橋市内のムカつく渋滞も嫌だし、黒保根アプローチなら静かではと考えた訳です。トレーニング兼ねて外輪山巡りでもやってやろうかとも考えてたのだが...。

 さて利平茶屋。奥華子のアルバム一枚聴き終わる前に到着。近い!。キャンプ場は11月に入ってもう冬季閉鎖。トイレも水道も使えず。入口にゲートがあり、その手前に何十台も停められる駐車場あり。先客らしい一台だけ停車。ゲートを越えて入ると右手に広場があり、そこに「鳥居峠へ」の標識。疑いもなく足を踏み入れるとすぐに案内なしの分岐で左は鬱陶しい尾根に急登で乗り上がるが、倒木が横置きされ「こっちぢゃないよ」と言ってるみたいで右に歩を進めると沢沿いの林道に出てルートは堰堤に消える。だまされました。おとなしく引き返す。20分のロス。外輪山巡りの気力はこのときぶっとぶ。場内の砂利道を少し歩いてクネクネカーブするところに「クマちゅうい」看板付きの入山口。こっちが正解。

20101107_03s

なんだか素敵なロケーションのテン場です。

 なだらかな登山道を追ってゆくと突然ルートの様相が一変。昔のケーブル残骸レールの脇を崩れかけたコンクリートの階段が天を衝くように伸び、先がみえまへん。この階段、歩幅があいまへん。つかれますわ~。建物が見えてきてこれが終点?でもこの建物って何ですか~??それは鳥居峠の土産物屋(食堂)よ~と赤城の神様はのたまう。脇には車が何台も。ここは車で来れるのよ~とものたまわれた。

20101107_04s

どこまで続くのこの階段。先行者は峠から下にある御神水という水場見物のひと。

20101107_05s

ゴールは近い???

20101107_06s

鳥居峠から来し方を。

 覚満渕脇の遊歩道をゆっくり歩き、大沼湖畔道路脇の登山口から駒ヶ岳へ。山頂付近はすごい人だらけ。山スカ姿の山ガール(?)もけっこういました(はじめてみました。ここにいたのね)。で黒檜山頂はものすごい数の百名山ハンターで賑わってました。ようやく一番うちに近いのげっちゅーです。で大沼湖畔に向けて急降下。変に岩がゴロゴロでひざにくるぜよ。しかしこの辺、エアリアコースタイムの半分以下で歩けてます。あたし膝が本調子じゃないのに。設定大甘ってことですな。

20101107_09s

人工物入れないよう撮影すると素敵な覚満渕。

20101107_12s

駒ヶ岳山頂。

20101107_14s

ひさびさげっちゅー。山頂標手書きですか?

20101107_15s

日光白根はすでに白い。

 湖畔の赤城神社で参拝。二礼二拍手一礼でよかったかしら?湖畔をうろうろしながら次の地蔵岳へ。もっと楽なコースもあるけど大洞からのルート取る。山頂はN○KやらT○Sやらの電波塔がいっぱい。ここが赤城で一番展望がよく気持ちいいピークだ。上州武尊山やら尾瀬、奥利根方面の展望よし。なんと中学2年の林間学校以来30年ぶり3回目(一回目は小学校の林間学校でやんす)の登頂どす。

20101107_19s

赤城神社で参拝。

20101107_21s

鳥居と大沼。ワカサギ釣りの舟がけっこう出てました。

20101107_23s

次のターゲットはこの山でし。

20101107_25s

今回はこれはパスです。

20101107_26s

赤城といったらこのお方。

20101107_29s

電波塔、30年前よりもふえてね?

20101107_31s

大沼と最高峰黒檜山。

20101107_32s

右が燧ケ岳で左が至仏山かな。

20101107_33s

30年前にこの標識のお世話になったのでしょうか?んなわけあらへん。

 小沼へ下山。あっちゅーま。長七郎山という天下御免に思えそうな(ぱっとしない山だけど)山を越え小地蔵岳も越え(ルートは手前から往復しかついてません。良い子はまねしちゃダメなショートカットしました。)鳥居峠へ戻る。腹ごしらえしてから石段急降下で出発点の利平茶屋へ。

20101107_35s

小沼湖畔。

20101107_38s

天下御免の山頂標。江戸日記もあるか。

20101107_40s

帰ってきました、鳥居峠。

20101107_41s

下りは奈落の底へ急降下。

20101107_42s

レールと登山道の接点付近に御神水という水場があります。往路では気づかんかった。

 温泉は水沼温泉センター。早い時間帯に下りてしまったので帰途、大間々~笠懸でけっこう渋滞にはまってしまいました。

 トレーニングになったか???な山行となってしまいました。黒檜山頂でも時間的余裕ができてたので北面外輪山もやろうか迷ったのですが、膝の調子もよくないし、何といっても登ってもつまらなそうだったもので...。

※赤城山の湖の読み方:大沼→おおの、小沼→この と読みます。

利平茶屋8:10-8:45鳥居峠-9:05駒ヶ岳登山口9:10-9:43駒ヶ岳9:50-10:18黒檜山頂10:35-10:56湖畔登山口~神社参拝~湖畔うろつく~地蔵岳登山口11:28-12:02地蔵岳山頂12:33-12:43八丁峠-13:08長七郎山-13:20小地蔵岳-13:34鳥居峠13:50-14:00御神水-14:17利平茶屋